うつでも加入できるかしら|病院でB型肝炎と言われたら弁護士に給付金について相談しよう
ウーマン

病院でB型肝炎と言われたら弁護士に給付金について相談しよう

うつでも加入できるかしら

困る婦人

加入条件が厳しくなる

すでに加入している場合なら問題ないのですが、うつ病で病院に通院すると、新たに保険に加入することはかなり難しくなります。理由は、うつなどの精神疾患は自殺などのリスクも高く、継続的に投薬治療を受けることから生活習慣病などのリスクも高くなります。そのためにたとえ症状が軽いとされていても、通院治療などを行った場合は保険加入は難しいとされます。もし仮に病院でうつ病が完治したと告げられ、さらにそこから5年以上経過した場合は、新たに保険に加入することが出来るようになります。ただし、うつ病は完治がほとんどなく、症状が治まっても寛解ということになる場合がほとんどです。寛解は症状が治まっている状態のことですから完治ではありません。ですから加入は難しいということになります。しかし民間保険の中には、引受基準緩和型の医療保険や健康告知のない一時払い保険などもありますから、もしうつ病になってしまって、まだ何も加入していないという人は検討するといいでしょう。

通院は含まれないという事

引受基準緩和型医療保険とは、過去2年以内に入院や手術をしたことがなく、医者からも進められていないという人向けのものです。ここで重要なのは、通院は含まれないということです。もちろん、重度のうつ病などで医者に入院を勧められているけれど、本人が拒否をしているという場合はダメですが、通院によってうつ治療を続けている場合は大丈夫だということです。ただし、ちょっとでも軽い症状に見せたいとか、一度だけ薬をもらっただけなどで「言わなくてもいいかな」と判断してはいけません。嘘を言って保険に加入した場合は、告知義務違反となり、保険金は支払われなかったり、最悪の場合今まで払い続けた保険料を戻してもらうことすら出来なくなりますから、加入の際にはきちんと自分の状態を報告するようにしましょう。