自転車で事故をした場合|病院でB型肝炎と言われたら弁護士に給付金について相談しよう
ウーマン

病院でB型肝炎と言われたら弁護士に給付金について相談しよう

自転車で事故をした場合

自転車

自転車の危険性

自転車事故に対して保険をかけることは特別なことではありません。自動車保険に加入する人は多いと思いますが、自転車の運転も自動車と同じように危険を伴うからです。自転車の場合には、自動車との接触によって被害者になる場合もありますが、歩行者との関係では加害者になる可能性もあります。交差点などで歩行者とぶつかってしまうと、相手に骨折などのけがをさせてしまうこともありますし、相手がお年寄りだった場合には命にもかかわりかねません。そのような場合に適切な個人賠償が行えるように、自転車保険に加入しておく必要があるのです。自分のけがに対する保険と言うだけの意味ではなく、相手のけがに対しても保障されることが重要なのです。

個人賠償責任の可能性

自転車事故は、常に可能性があります。自転車を運転する可能性が高いのは、自転車を通学に利用している中学生や高校生ですが、未成年はまだ判断が未熟な部分がありますので、自転車事故には十分に注意しなければなりません。それでも、日常的に自転車を利用していると、どうしても自転車事故が発生してしまいます。自分だけの被害であれば高額医療制度もありますので、月々の支払額はある程度抑えることができますが、相手がある事故を起こしてしまうと、数千万円の賠償金を支払う可能性もあります。これまでの事例では、自転車事故のために1億円近い個人賠償請求が認められた事例もあります。自転車という日常的な乗り物であっても、そのような危険が潜んでいるということを認識して利用する必要があります。