男女

病院でB型肝炎と言われたら弁護士に給付金について相談しよう

自転車で事故をした場合

自転車

自転車事故は常に発生する可能性がありますので、もしもの場合に備えて、自転車保険に加入しておくことが重要です。自転車の運転は被害者になるだけでなく、加害者になる恐れもありますので、もしもの時のために保険が役に立ちます。

詳しく読む

うつでも加入できるかしら

困る婦人

うつ病は、自殺のリスクや投薬治療による副作用のため、新しい保険は難しいです。しかし、引受基準緩和型や一時払い保険など加入できるものもあるので、未加入の人は検討するといいでしょう。治療中も、通院であれば引受基準緩和型の条件に当てはまります。加入の際には治療状況をきちんと報告することが重要です。

詳しく読む

弁護士に依頼するとよい

病院

弁護士費用をチェックして

B型肝炎の給付金は、障害の出具合や発症からの期間、どの弁護士事務所に依頼するかでもらえる金額が変わってきます。B型肝炎の給付金を受け取るには一度訴訟を起こす必要があります。国がすでに非を認めている案件のため、個人での訴訟もできなくはありませんが、精神的負担や時間的負担を考えると弁護士に依頼するのが一般的です。B型肝炎の給付金には弁護士費用も上乗せされて給付するという名目にはなっていますが、実際は百パーセント給付されるわけではありません。ほぼまかなえますが、多少は足が出てしまいます。そのため、どの弁護士事務所に依頼するかについては費用もある程度重視して依頼するとよいでしょう。もちろん信頼できる弁護士事務所であることが大前提となります。

国からもらえる損害賠償

B型肝炎の給付金は、B型肝炎を発症した人すべてがもらえるわけではありません。生年月日、感染の経緯などの条件を満たした人に支払われる国からの損害賠償金であるというのが正確な表現です。具体的には、ある一定期間に予防接種によってB型肝炎に感染した人、もしくは母親が感染して母子感染により感染した人というのが条件です。もらうためには訴訟が必要となるということも特徴の一つです。また、金額は障害の度合いや発症からの期間によって変わるのも特徴です。無症状でもキャリアであれば給付金を得られますが、発症から二十年経過してしまうと金額が激減してしまうという点には注意が必要です。精神的負担や身体的負担、経済的負担などを鑑みても早めに行動するのがおすすめです。

生命保険を賢く選ぶ

男性女性

生命保険を賢く選ぶ方法は、FP保険相談することです。これまでの保険の営業マンやセールスレディなどは自社の商品しか取り扱っていないので、その商品が本当に合っているかはわからないです。FP保険相談することで最適な保険選択ができます。

詳しく読む